自然

2019年7月 4日 (木)

シ ちがつよっ カ

雀が巣を作ってしまう野良猫が出産してしまうなど、動物の来所者も多い旭ホーム。
またしても、またしても!動物がやって来ました。
マジか、いや子ジカ
まさかの子ジカでした。
雨もまだ残る月曜日の朝、「何かの鳴き声がする……」とは思っていたのですが、どうやら声の主は彼(彼女?)だったようです。
突然施設中庭へやって来た珍客の姿に、職員たちはびっくり。スマートフォンを構える職員も。
Dscn2564
子鹿に人間が触ってその匂いがつくと、親が近寄らなくなってしまうとのこと。
親を呼ぶように鳴いていましたが姿はなく、見守っている間にいずこかへ去っていきました。
Dscn2568
はぐれた野生なのか、それとも誰かの放し飼いなのか…

2019年6月 1日 (土)

創立40周年の日

1979年(昭和54年)6月1日、旭ホームは誕生しました。
006
開設当時はまだ木々も茂っておらず、保土ヶ谷バイパスの上をかかる「川井橋」の向こうがよく見えたようです。
県立旭高校(昭和48年第1期生入学)はもう出来ていましたが、施設最寄りのバス停「川井橋」はまだなかったので、
今のように、毎朝毎夕に生徒がわいわい通っていくこともなかったようです。

記録によると、40年前の今日、開所当日は8名の利用者を迎え、旭ホームの生活が始まったようです。
40年の間に、多くのご利用者を迎え、そして見送っていきました。
「わたしたち、ここにいてよかった」を目指す、法人理念「家族愛」を大切に。これからも日々、利用者と地域へ向き合っていきたいと思います。
Dscn2458
今日は玄関前で過ごしていた巣立ち雛と親雀。(あんまり近づくと逃げてしまうので、ぼやけ気味…)
ときどき親雀が戻ってきて、ご飯をあげていました。これもまた家族愛ですね。

2019年5月31日 (金)

生き物の多い施設

旭ホームに新たな入所者がやってきました。
入所者でチュン

こちらのお部屋で生まれました。
換気扇のカバーでチュン
「換気扇の中に野鳥が入って巣を作ったらしく、朝になると鳴き声が聞こえる」と、複数の夜勤職員から報告があったのが3月頃。
この仄暗いカバーの僅かな隙間へ巣を作ったらしく、雛の姿も見えないまま3ヶ月が過ぎ、ようやく巣から出てきたようです。
まだ上手く飛べないようで、親鳥に見守られながら、人気のないベランダで過ごしています。

ちょっと離れた所で見守る。この1時間前は桜の木で見守っていました。
(うちの子に近づけないから、撮ってないで早くどこか行ってくれ)と思ってそうな親鳥さん。

2019年5月29日 (水)

白くてひらひら飛ぶなにか2

先日のブログで蝶なの?蛾なの?と触れた白い虫。
どうやら「キアシドクガ」という蛾の仲間だそうです。
「ドクガ」と名前には入っているものの、幼虫も成虫も毒は持っていないのだとか。
今日もよく晴れていたので、旭ホームの屋上よりさらに高くの空を舞い、木々に群れていました。

興味本位で幼虫の姿(←検索は自己責任でお願いします)を調べて、そういえば毎年施設中庭にいるなぁ、と思いました。

Dscn2452

2019年5月24日 (金)

白くてひらひら飛ぶなにか

自然に囲まれた旭ホーム、ここ数日は快晴が続いていることから、緑がよく映えています。
その緑に集まるように、白くてひらひら飛ぶなにかの姿が(写真だと分かりにくいのですが)たくさん。
あれは蝶なのか、それとも蛾なのか・・・。
Dscn2415 Dscn2413

2019年5月20日 (月)

記念植樹のバラ 2

先日の記事で「もうすぐ咲きそう」と書いたもう一つのバラ苗「ピエール ドゥ ロンサール」。
この土日の間に、しっかりと咲きました☀

Dscn2392 Dscn2393

2019年5月15日 (水)

記念植樹のバラ

facebookのほうで掲載いたしました、「オルフェオ」「ピエール ドゥ ロンサール」という、二種類のバラ苗。
今月に入ってからどちらもつぼみを膨らませ、もうすぐ咲きそう…と思いながら様子を見ていましたが、
今週に入り、ついに「オルフェオ」が開花いたしました‼

Dscn2381 Dscn2382

隣に植えた「ピエール ドゥ ロンサール」も、開花秒読みといった様子。
来月行われる創立記念祝賀会へむけて、すくすくと育っています。
Dscn2380

2019年3月 5日 (火)

ハナカイドウが咲き始めました

ここ数日、雨の日が続いていましたが、今朝は久しぶりの快晴。

まだ三分咲きと言ったところですが、施設玄関のハナカイドウも開花しつつあります。

匂いに釣られたのか、野鳥が枝にぶら下がって、つぼみをついばむ様子も見られました。

春はもうすぐそこです。

Dscn2123

2016年1月18日 (月)

1月18日 雪

「センター試験の日は天候が悪い」とよく言われますが、関東では試験から1日遅れの降雪・積雪となりました。

朝早くから相鉄線が運転を見合わせていたので、ある職員は自宅から1時間以上かけて歩いて、またある職員はスリップに注意しながら自家用車で通勤するなど様々でした。
施設へ到着してからも、予定されていた来客が中止になったり、行事が午後へずれ込んだり、施設内やバス通りの雪かきをしたりと、対応に追われました。

利用者の皆様は、入浴して身体を温めるなどして、穏やかに過ごしました。

Dsc04662

2015年3月10日 (火)

3月10日 来訪者

Dsc03627

晴れ?雨?昼間?夕方?
コロコロ移り変わる不思議な天気の中、桜も少しずつ咲き始めています。

Dsc03628
晴れの合間を縫って、小さな面会者もやって来ました。
上の写真の真ん中あたり、よく見てみると・・・。

Dsc03628_2

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ