カテゴリー「自然」の記事

2021年7月23日 (金)

グリーンカーテン2021 ①

6月下旬、施設玄関の隣の鉢にゴーヤを植えました。
何年かぶりのグリーンカーテン作成を目指し、水やりをしています。

Kimg0233 Kimg0232
7月1日、まだ梅雨のジメジメしていた頃の様子。
育ちがあまり良くなかったので、肥料を与えるなどして、
そうこうしているうちに夏の陽気になり、日当たりもよくなり…
Kimg0257 Kimg0258
こちらが今朝(7月24日)の様子。
とくに茶色の鉢の蔓がよく育っていて、事務所(ゴーヤの後ろに見える窓のところです)より高くなって、花も咲き始めました。
来月の始めくらいには実が出来てくるでしょうか?

2021年4月 8日 (木)

菜の花畑に

旭ホームを出て「川井橋」バス停沿い、お隣にある「あさひの丘病院」へ向かう下り坂。
ガードレールに沿うように、菜の花がたくさん咲いています。
旭ホームの敷地外にはなりますが、綺麗だったので撮影。反対側からのほうがもっと良いのですが💦

Dsc_1612

野境道路沿いでは、西部病院寄りにある「追分市民の森」にも、広大な菜の花畑がありますが、
こちらは道路に面しているので、車で通勤する方や、バスで下校中の学生たちの目を楽しませています。

撮影時期の都合で「Google ストリートビュー」にも写真が残っていない、地元の人しか知らない?一角。
坂の下から上ってくるのはとても大変ですが、お近くにお越しの際は足を伸ばしてみてください。

(2021年7月追記)
偶然にも今年はGoogleの撮影車が3月に来ていたようで、ストリートビューで咲き始めの様子が見られるようになりました。
玄関のハナカイドウは散っていて、道路沿いの桜が咲く前なので、中旬頃の撮影でしょうか?

2021年2月22日 (月)

春を通り越して梅雨手前?

昨日今日と、2月を感じさせない、暖かな日差し☀に包まれました。

毎年暖かくなると、この話をしていますが…。

Dscn5416 Dscn5417

施設玄関のハナカイドウに、小さな花がぽつぽつと。

昨年、枝を短くしましたが、今年もたくさんの花を咲かせてくれるはずです。

…この早咲きしちゃった花は、明日以降冷え込みと戦うことになりますが💦



2020年8月13日 (木)

豪雨のあとの・・・

2日続けて、雷⚡の音がゴロゴロと聞こえる夕方。
昨日はパラパラ程度だった雨☔がザーッと降る、いわゆるゴリラ…ではなく、ゲリラ豪雨。
雨は降っているけれど、太陽も出ていて明るい、そんな不思議な天気。
Dscn4664
旭ホーム脇の細道から、県立旭高校方面へ進んだところ。去年シカが逃げて行ったと思われる方角。
曇り空に、虹がかかっているのが見えました💓

Dscn4663
1枚目の坂を上り切ったところから、東の空を撮影。
写真だとわかりにくいのですが、電柱の上に、もう1本うっすらと虹が出て、二重にかかっています。

Dscn4666Dscn4666-2
旭ホームに差した…「刺さった」虹。明るさを調整して見やすくした2枚目。
パンフレットなどに掲載している、施設外観を撮るときの角度です。

厳しい猛暑、激しい雨、強い風・・・自然は様々な顔を見せています。

2020年6月30日 (火)

でん、でん、でん

※今回の記事には、蝸牛の写真が掲載してあります。苦手な方は開かないようにしてください。

 

 

続きを読む "でん、でん、でん" »

2020年6月19日 (金)

すずめがさんば

先月中頃、ハナカイドウの伐採をしたことで、木の実がなくなり、実を食べに来ていたカラスは姿を見せなくなりました。
(巣が近くにあるようで、施設向かいにある雑木林の上のほうで、鳴き声が聞こえています)
カラスも来ない、面会も制限して人通りも少ない。そのため「ここは安全」と判断したようで、
今度はスズメがやって来て、枝葉を拾い、2階の換気扇に巣作りを始めてしまいました。

Dscn4396
こんな雨の日でも、ハナカイドウの根元で落ち葉を拾って、上にある居室の換気扇で巣を・・・

Dscn4397
巣作り失敗してませんか?

Dscn2448Dscn4398
去年も換気扇育ちの子雀が生まれているのですが、フタの外側、曲がった部分の内側にある、わずかな隙間に巣を作っています。
製作中の巣が2か所に加え、実はもうヒナが還っている巣が1か所。朝に夕にチュンチュンと鳴いています。
換気扇との間に仕切りが1枚入っているので、誤って巻き込まれることはないと思いますが、
かなり昔に施設内へ入ってしまったスズメもいたので、ちょっと心配…。

2020年6月 9日 (火)

たくさんの玉ねぎが下に

Dscn4124

Dscn4126

  Dscn4125Dscn4123

突然現れた、たくさんの玉ねぎ。ある職員の方が、施設の畑で育ててくれました❗❗

小が1ケース、中が3ケース、大が4ケースの全8ケース。個数は…200個くらい?あまりの多さに、皆さんびっくり。

職員も「天ぷら」「スライス」「オニオングラタン風」など、各々食べ方、作り方を口にしながら、それぞれ持ち帰っていきました。

いつもありがとうございます💓

2020年5月20日 (水)

白く舞う

今年も「キアシドクガ」がたくさん飛んでいます🎀
Dscn4065
実はこの木は施設のものではなく、お隣の敷地に生えているのですが、虫たちには家の敷居なんて関係なし。
2週間ほど前まで、この木の下あたりにある施設の一角が、幼虫たちでにぎわって♒大変なことになっていました。
苦手な方も多いので写真はありません。

名前と違って毒のないキアシドクガですが、成虫になると口吻の機能が退化し、水や蜜が吸えなくなるので、
成虫として活動出来る期間はとても短いのだとか。
子孫を残すため、一生懸命活動しているのだそうです。

幼虫の餌が枯渇し、成虫になるだけの栄養を取れない・・・などの理由で、大発生が4年以上続くことは殆どないようなのですが、
果たしてこの光景はあと何年見られるのでしょうか。

2020年5月19日 (火)

ホームの断髪式?

今日は業者に依頼し、旭ホーム外周樹木の枝を伐採しました。
Dscn4060.jpg

Dscn4061.jpg
伸びすぎて向かいの雑木林にぶつかったり、雨風に揺すられて枝が電線に引っかかったり・・・と、
育ちすぎたことによるトラブルも起こるので、定期的に行っています。

Dscn4063
施設玄関のハナカイドウも、ごらんのようにさっぱりとしました。
最近はカラスが毎朝のようにやってきて、枝先に成った実を食べに来ていたのですが、
異変を察したのか、奥の雑木林にとまって、こちらの様子をうかがっているようでした。
※5/26追記 伐採後もわずかに残った実をみつけて、ついばみに来ています。
こちらの視線に気が付くと逃げてしまうので、写真は撮れていません…。

Dscn4064
屋上で撮影した一枚。高い位置の枝も、クレーンに乗って伐採していました。

自然に囲まれている分、木の本数も多いので、これを書いている今もまだチェーンソーの音が聞こえてきます。
幸いなことに雨も上がり、気温も湿度も高くなく、日差しもないので、外作業するにはちょうど良さそうです。

2020年5月14日 (木)

薔薇とバラとばら

以前のブログで咲きかけていたピエールドゥロンサールが咲きました💡

Dscn4049 Dscn4050
白いアーチの上に咲いていた薔薇と入れ替わるように、それぞれ野境道路、施設内、脇道を見つめています。
「今年は学生が少ないなぁ」とか「向かいの資材置き場からニワトリが来ないなぁ」とか考えているかも?

Dscn4052
オルフェオは施設の中庭側を向いて、紅色の花をいくつかつけています。

 

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ